SWAT

麻薬王の護送にあたった武装警察 S.W.A.T.に襲い掛かる賞金目当ての武装集団。

70年代の人気ドラマを、サミュエル・L・ジャクソン、コリン・ファレルら人気俳優共演で映画化したポリスアクション。

チームメンバーの裏切りと元 SWAT 隊員が組んだチームとサミュエル率いる SWAT チームの戦いになる。気持ち的には、もう少し SWAT のトレーニング風景を多くしてほしかった。面白いが、チケットを買って見には行かないかなぁ。

ミニミニ大作戦

ミニミニ大作戦

同名のリメイク版。キャストも有名な俳優が出演している。早い段階で死んでしまうが、リーダー役のドナルド・サザーランドなどが出演。その他、マークウォールバーグ、シャリーズセロン、 ジェイスンステイサム、セスグリーン、エドワードノートン。

いろいろなエキスパートが集まり、金塊を盗み出すという話し。

あまり、スタントを使わずに、出演者が長時間トレーニングを行い、撮影したとの事。

何度も見るわけではないが、見て損は無いと思います。今年、第2弾が有ったらしいが、未確認。

タイムライン

タイムライン

原作 マイケルクライトン、監督 リチャード・ドナー、特撮は ILM が担当。バリバリのハリウッド映画。

2004年1月に劇場公開されたものですが、結構な宣伝を行っていたのを覚えています。

ストーリーとしては、簡単に言えば時空間トラベルの話しです。同じようなもので、空間移動(ワープ)が話しになっている、『スターゲート』を思い出すが、この映画では軍や物理学者がメインではなく、システムを作成した企業と考古学者というところがちょっと面白い。しかし、考古学者でありながら、過去に飛んで、歴史をバリバリ変えてしまう、いや、歴史を作っちゃうという話し。

ストーリーそのものよりも、面白いのは話しの中に出てくる転送装置(=タイムマシン)のシステムだ。物体を分子レベルに分解し、ファクスのように別の場所へ送信すると、たまたま発生しているワープホール(14世紀のフランス)に届いていた。

マシンを作成した企業は、タイムマシンというよりも、物体の空間移動を目的で、ファックスをイメージして、マシンAからBに転送を試みている内に、14世紀にデータが送信されていることに気づく。ただ、このマシンに欠陥があり、転送エラーを起こすため、人体を数回の転送した場合、復元の際にズレを起こす欠陥マシンであった。ここら辺は、さすがクライトンが原作だけあって、とても面白いと思いました。

 

ヴァンパイア 最期の聖戦

ヴァンパイア 最期の聖戦

主演 ジェームズ・ウッズ、製作 ジョン・カーペンター。

熱狂的なファンを持つジョン・カーペンター監督が描くヴァンパイア・ムービー。

600年間生き続ける吸血鬼の先祖的存在ヴァレックにハンター仲間を殺されたヴァンパイア・ハンターのジャック(ジェームズ・ウッズ)は、ヴァレックに血を吸われた娼婦を用いて彼らの居場所をつかみ、壮絶なバトルを繰り広げていく。

何せこのヴァンパイアたち、十字架もニンニクも効かず、苦手なのは太陽光線と胸へ突き刺すクイのみというツワモノであり、全体のテイストもホラーというよりヴァイオレンス西部劇タッチ。カーペンターらしい、マイナー路線のメジャー作品(意味不明)。

ドラキュリアII 鮮血の狩人

ドラキュリアII 鮮血の狩人(Wes Craven Presents Dracula II: Ascension)

ドラキュリアの続編。主演は、ジェイソン・スコット・リー。彼は、カートラッセル主演の『ソルジャー』にて、最新型の兵士として登場しているし、『ブルースリー物語』では、主演になっている。この映画の同時期には、ジャン・クロード=ヴァン・ダム主演で大ヒットを記録したアクション『タイムコップ』の続編でも主演を演じている。

ただ、続編といっても、前回との繋がりは無い。そして、ストーリもドラキュラが中心ではなく、その不老不死の力を得ようとする医学教授と医学生が復活したドラキュラを奪い合うというお粗末さ。不老不死といっても、結局はドラキュラになるということであり、かつ、バンパイアハンターの神父(ジェイソン・スコット・リー)に殺される。しかし、最後にドラキュラと感染した医学生の女が逃げ出し、続編に続くという終わり方。前作よりも、バンパイアハンターらしいシーン(ドラキュラの首を刈る)が多いが、それであれば、『ブレイド』の方がカッコいい。さらに、神父の生い立ちも、ドラキュラと人間の両方の力を持つようなシーンがあるが、イマイチ説明不足。マトリックスのように、全部出てから見るべきパターンの映画。(結局は、予算の問題かぁ)

しかし、すでに続編があり、Dracula 3 : Legacy Jason Scott Lee ということで作成されている。残念ながら、日本語は無し。

 

ドラキュリア

ドラキュリア

数あるドラキュラ映画の中では、斬新なストーリというか、ドラキュラは「キリストをローマに売ったユダだった」というは面白い。ドラキュラが嫌いな、1)十字架や聖書は、ユダが裏切る前はキリストに仕える使徒であったことから、2)銀は、キリストを売った際の報酬として銀貨を受け取ったことから、3)不死は、神がユダに死を許さなかったという事が描かれている。このユダという発想は、妙に納得しました。

この映画の中にも、ヴァン・ヘルシングが登場する。彼は、ドラキュラを捕まえることはできたが、彼を殺すことができなかったため、吸血ヒルにドラキュラの血を吸わせ、そのヒルの血を定期的に自身に注射して、生き永らえてきていた。彼の金庫に、数人の泥棒が押し入り、ドラキュラの棺を盗み出したことから、ドラキュラが復活してしまう。

復活したドラキュラは、ヴァン・ヘルシングの子供(ヴァン・ヘルシングがドキュラの血を摂取したことにより、その子供がドキュラの血を受け継いでしまった。)を自らの血を分けたものとして、追いかけ始める。ヴァン・ヘルシングは、ドラキュラとの戦いに敗れ、その甥と娘がドラキュラと戦いあう事に。その結果、キリスト像にかけられたロープにて首をつられ、改めて、死を与えられる。死体は、ロンドンの大英博物館に保存され、それを娘が守るという結末。なかなか、斬新なストーリと映像はとても面白かった。実は、続編ができているのであるが、繋がりはゼロ。残念。

ヴァン・ヘルシング

ヴァン・ヘルシング

ヴァン・ヘルシングのオリジナルは、ブラム・ストーカー原作の「吸血鬼ドラキュラ」に登場する。ヴァン・ヘルシングは、アムステルダム大学の名誉教授で、精神科医でもある60歳の老人として描かれている。

モデルはブダペスト大学の東洋学の教授アミニウス・バンペリ(本当に吸血鬼伝説とか調べている人だったらしい)という人物というのをインターネットで見ました。

さて、本作品についてですが、主演のヒュー・ジャックマンと『アンダーワールド』のケイト・ベッキンセール。ケイトは、アンダーワールドでは吸血鬼役でしたね。

一言で言えば、ごった煮。シリーズ物になるぐらい、いろいろな要素がありすぎ。ドラキュラ、フランケンシュタイン、狼男、ハイドとジキルとモンスター勢ぞろい。まず、最初のモンスターハンターとしての主人公をもう少し描いてほしかった。さらに、ヴァン・ヘルシングとドキュラの関係が「含み」を持たせている割に、はっきりとしなかった。私は、DVD で見たが、映画のパフレットには次回作があるらしいとの記述がある。

タイタンズを忘れない

タイタンズを忘れない

アメフト映画が好きな人は、必ずあげる一本。デンゼル・ワシントンが、高校のヘッドコーチに就任するも、時代は 70年代黒人迫害全盛期。その中で、黒人と白人の生徒たちが互いを認め、チームとしてまとまり、州のチャンピオンになる。実在の話しを再現した、すばらしい一本。

特に、面白かったのは、今や当たり前のショットガンがこの時代では珍しいプレーになっていた。

 

キル ビル

キル ビル見ました。

まさに、タランティーノの映画。自分が好きなものをすべて盛り込んだという感じですね。しかし、これってアメリカ人は見て楽しいのだろうか?逆に、日本人にしてみると、中途半端な感じである。ストーリも、パート2と合わせての内容なので、これだけ見ても….

血がいっぱいでるので、その手の映画が嫌いな人は非常にきびしい。

 

ラスト パス (Second String)

ラストパス

いわゆる、アメリカンフットボールの話。プレイオフに進出したNFLチームが祝賀パーティを開いた結果、一軍の選手が全員食中毒になってしまう。そのため二軍の選手だけでスーパーボウルまで勝ち進み、ラストパスでゲームが終わるというコメディです。はっきり言って、ヘッドコーチ役のジョン・ボイドだけが有名で、後は、CSI のニック役の俳優ぐらい。たまたま、WOWOW で見たのですが、日本語の DVD は出ていないのではないかと思います。というか、邦題がいろいろあるぐらいですから。

この手の映画、大好きです。落ち込んだときには必ず見てしまいます。落ちこぼれ集団が、最後には勝利する。同じストーリで、キアヌリーブスが主演したリプレイスメントも大好きです。好き嫌いがはっきりタイプですが、アメリカ人は大好きだと思います。

 

 

バレット モンク

ちょっと更新を怠った。見たら、すぐ書くことにしよう。ということで、過去にさかのぼって、記録。

バレット モンク

チョウ・ユンファ 主演のアクション映画。チベットの僧が、代々秘伝の巻物を守り抜いていく。その巻物を守る僧は、選ばれし者であり、自分の代が終わるまで年をとることが無い。その不老の力にナチの人間が目をつけ、彼を追い続ける。そして、新しい代へ受け継ぐために、チョウ・ユンファがニューヨークにやってくる。新しい代の僧とは、チベットの僧侶ではなく、ニューヨークに生まれのアメリカ人。

格闘技は、ワイヤーアクション一杯ですばらしいが、ストーリーとしてはイマイチ。エディ・マーフィのゴールデン・チャイルドとも同じであるが、チベットの摩訶不思議が最後にはハリウッド映画になってしまうので、ストーリーとして入り込めない。

ガメラ2 レギオン襲来

ガメラ2 レギオン襲来

平成ガメラシリーズの第2弾。聖書に書かれたレギオンという悪霊と道の生物をかけたもの。前回のギャオスは、環境の悪化によって、太古の生物が卵から孵化するという話であったが、レギオンは携帯などの電波社会の影響によって、北海道から首都東京に向かって進むというストーリーが描かれており、所謂、人の地球環境への警鐘を表している。

現在の特撮のように、CG をふんだんに使うわけではなく、各カットごとに撮影のカメラから構図にあわせて特殊セットを設営したらしく、従来の方法を取るゴジラよりは映像は面白い。

それでは、時代的な古さは感じてしまう。

サイモン・バーチ

とにかく、観ると号泣してしまう大好きな映画を一本。

生まれつき体が小さく、いつ死ぬかわからない奇病を抱えて生きるサイモンと彼の親友のジョーが、病気と自分の父親探しから「自分が生まれてきた意味」を見つけようとする姿を描いた一本。

脚本は、ジョン・アーヴィングの「オーエンのために祈りを」がベースになっています。同じクリスチャンとして、サイモンの信仰に根差したセリフは胸に刺さるものがありました。

ただ、ただ「泣ける」という一本で、言葉に表現できない一本です。すばらしい一本です。なぜか、これがキャンペーンで安くなってしまうかが分かりません。

 

9デイズ

アンソニー・ホプキンスとクリス・タッカーという異色のコンビによるアクションサスペンス。

覆面捜査で核爆弾を買い取ろうとしていた CIA のエージェントがテロリストに射殺され、その兄の存在さえ知らなかった双子の弟が身替わりスパイとして操作を続ける 9日間を映画にしたもの。

ありがちではあるが、たった 9日間で一流のエージェントに成長し、ニューヨークを核爆発から守ってしまうという突拍子も無いアメリカ映画である。ただ、やはり、アンソニー・ホプキンスの老練のエージェント役はすばらしく、過激なアクションもこなしている。クリス・ロックも、お得意のトーク場面はあるが、決してコメディ映画ではなく、アクション場面も多数ある。

個人的には、1本の映画にするには、ネタが多すぎと言う感じです。プラハの街並みは、映像として良かった。

ガメラ 大怪獣空中決戦

ガメラ生誕30周年を記念し、作成された平成ガメラシリーズの第1弾。WOWOW にて一挙に3作が放送されたために改めて、鑑賞しました。

単純に面白かったです。ガメラとギャオスのアップでは、ちょっと作り物ぽさが見えましたが、95年公開と考えるとまあまあのできではないかと思います。
改めて観ると、実はゴジラと違い、ガメラは人工だったという話しはビックリした。十年前に作成されたわけですが、自衛隊がかなり攻撃的だった点は良かった。中山忍、藤谷文子の女性陣の演技が、ちょっと残念だった。

この後に控える「ガメラ2 レギオン襲来」、「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」と期待したい。

スパイゲーム

今日は、ロバート・レッドフォードとブラッド・ピットが共演した「スパイゲーム」を見た。監督は、『クリムゾン・タイド』のトニー・スコット。ベテランのエージェントが中国に捕まった若い相棒というか、自身が育てたエージェントを助けるため、自分の資産を使って、最後の任を実行する。

間単に言えば、面白かった。回想シーンは、ブラピが成長していく過程を映し、彼の幼さというか、未熟さから来るハラハラする行動を映していく。そして、レッドフォードがそんなブラピに非情さを植えつけていく。

自身の最後の勤務日に、そのブラピが中国に捕まった際には、彼が情によって大規模な作戦を決行していく。