スパイゲーム

今日は、ロバート・レッドフォードとブラッド・ピットが共演した「スパイゲーム」を見た。監督は、『クリムゾン・タイド』のトニー・スコット。ベテランのエージェントが中国に捕まった若い相棒というか、自身が育てたエージェントを助けるため、自分の資産を使って、最後の任を実行する。

間単に言えば、面白かった。回想シーンは、ブラピが成長していく過程を映し、彼の幼さというか、未熟さから来るハラハラする行動を映していく。そして、レッドフォードがそんなブラピに非情さを植えつけていく。

自身の最後の勤務日に、そのブラピが中国に捕まった際には、彼が情によって大規模な作戦を決行していく。

Advertisements