サイモン・バーチ

とにかく、観ると号泣してしまう大好きな映画を一本。

生まれつき体が小さく、いつ死ぬかわからない奇病を抱えて生きるサイモンと彼の親友のジョーが、病気と自分の父親探しから「自分が生まれてきた意味」を見つけようとする姿を描いた一本。

脚本は、ジョン・アーヴィングの「オーエンのために祈りを」がベースになっています。同じクリスチャンとして、サイモンの信仰に根差したセリフは胸に刺さるものがありました。

ただ、ただ「泣ける」という一本で、言葉に表現できない一本です。すばらしい一本です。なぜか、これがキャンペーンで安くなってしまうかが分かりません。

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s