ヴァンパイア 最期の聖戦

ヴァンパイア 最期の聖戦

主演 ジェームズ・ウッズ、製作 ジョン・カーペンター。

熱狂的なファンを持つジョン・カーペンター監督が描くヴァンパイア・ムービー。

600年間生き続ける吸血鬼の先祖的存在ヴァレックにハンター仲間を殺されたヴァンパイア・ハンターのジャック(ジェームズ・ウッズ)は、ヴァレックに血を吸われた娼婦を用いて彼らの居場所をつかみ、壮絶なバトルを繰り広げていく。

何せこのヴァンパイアたち、十字架もニンニクも効かず、苦手なのは太陽光線と胸へ突き刺すクイのみというツワモノであり、全体のテイストもホラーというよりヴァイオレンス西部劇タッチ。カーペンターらしい、マイナー路線のメジャー作品(意味不明)。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s