殺人の追憶

 
 
すばらしい作品です。かなり、気を抜いて見始めたのですが、気がつけば、一気にラストまで見入ってしまいました。
 
先の作品で書いたように、結末が私の映画評価の重要なポイントです。しかし、この映画も「未解決事件」を題材にしているので、犯人は捕まっておらず、結末としては「未解決」という事が見る前から分かっていました。そのためか、興味深いのは「どのように、この映画を終わらせるのか?」というラストだけでした。
 
たぶん、この映画を見た人がどう評価するかは、この「未解決」というラストをどのように受け入れるかによって、分かれると思います。
 
監督がそんな視聴者を意識してか、ソン・ガンホをコミカルな役柄として描くためなのか、前半は地方刑事達の無茶苦茶な捜査が、ある種微笑ましく描かれています。(ただ、この時代の捜査が、こんな適当な方法であったことは、とても恐ろしい気がします)
しかし、ソウルから来たエリート警察官の論理的な推理、行動や言動が少しずつ加わり、それぞれの役柄が変わり始めていきます。
 
さらに、見終わって気がついたのですが、(もちろん、犯人が捕まっていないので)犯人の登場場面は映像としては無いのですが、犯人の目線から被害者の女性が襲われるシーンがあります。その一瞬、すべての視聴者が犯人になります。その一瞬が、この映画の隠し味になっているのではないかと思います。もし、このシーンがないと、たぶん、ラストシーンのソン・ガンホの表情を、彼の目線で見るか、単なる視聴者として見るか、大きく分かれるのではないかと思います。
 
ちょっとネタバレですが、容疑者が暗いトンネルの中へ消えていくのは、まさに犯人が捕まらずにやみの中に消えていくのを象徴しているように思われました。
 
日本人以上に、この映画の題材となった事件について知っている韓国人の人達が、2003年の映画の中で一番の観客動員を集めたことに納得しました。
 
内容が内容だけに重い映画ですが、何度も見るでしょう。
Advertisements

エレファント

 
 
ようやく見ました。というか、やっと WOWOW で放送された。
 
私は、映画に「結末」を求めて見ます。たとえ、それが絶望的な結末であろうとも、ひとつの節目という意味で「結末」の無い物語は好きではありません。そういう意味では、すでにこの事件は犯人の高校生が最後には自殺すると言う結末を持っており、この映画がその結末をどのように描くかに興味をいただいていました。単にフィクション映画であるなら、たぶん、「ローリング・フォー・コロンバイン」の方が意味あるし、製作者のムーアと視聴者の関係も明確です。では、この映画は、その結末をどのように描いたのか?
 
この点から言えば、正直物足りなさを感じました。たぶん、パルムドールは受賞できても、アカデミー賞は受賞できない(できなかった。というか、ガス・ヴァン・サントもそんなこと望んでいないか。)映画であることは、誰でも想像できます。
 
ガス・ヴァン・サントの作品は好きです。ドラッグ・ストア・カウボーイ、グッド・ウィル・ハンティング、そして、サイコ。たぶん、ストーリの深みより、映像の深みによって、その内容を伝えるのがうまいのだと思います。
 
そういう意味では、とても美しく、綺麗な映画でした。生まれて間もない十代という命が、はかなく、簡単に一発の銃弾によって、理不尽に壊れていく。そして、何の意味も無く、何の理由も無く、ただただ、引き金が引かれるだけである。
 
たぶん、あと、生涯の中で数回見ると思います。
同じ映画を何度も見る私にとって、数回と言うことは、ある意味で「見ない」に等しい。私にとっては、そんな映画でした。

UNSPEAKABLE 殺戮者

 
 
久しぶりの記録なのに、かなりの B 級ものです。 デニス・ホッパー、ディナ・メイヤー、ランス・ヘンリクセン という、そうそうたる役者が出ています。しかし、ホラーと言えず、サスペンスと言えず、あえて分類するなら、サイコサスペンスでしょうか。
 
ストーリとしては、心理学者がブレインスキャンと言う過去にさかのぼって記憶をスキャンできる装置を作り出し、その装置連続殺人犯の心理を調査するのですが、その中で一人の凶悪殺人者を調査していくというものです。
 
所謂、ザ・セルと羊たちの沈黙を足したようなもの。どうも、中心的な人物の凶悪犯が役柄が薄いためか、レクター博士のような深みある役柄には見えず、奇怪な行動や言動が単なる狂気としかうけとれませんでした。調べてみると、凶悪犯役の人が脚本も担当しているようです。
 
凶悪犯も、膨らみを出すために、聖書用語を使い、イエス・キリストを創造させるかのような行動や言動をとるのですが、いまいち突込みが浅いためか、単なる狂人者としか見えない。
 
最後も、結局、誰が主人公であったのか、なにを伝えたいのか分からずじまいの結末でした。