殺人の追憶

 
 
すばらしい作品です。かなり、気を抜いて見始めたのですが、気がつけば、一気にラストまで見入ってしまいました。
 
先の作品で書いたように、結末が私の映画評価の重要なポイントです。しかし、この映画も「未解決事件」を題材にしているので、犯人は捕まっておらず、結末としては「未解決」という事が見る前から分かっていました。そのためか、興味深いのは「どのように、この映画を終わらせるのか?」というラストだけでした。
 
たぶん、この映画を見た人がどう評価するかは、この「未解決」というラストをどのように受け入れるかによって、分かれると思います。
 
監督がそんな視聴者を意識してか、ソン・ガンホをコミカルな役柄として描くためなのか、前半は地方刑事達の無茶苦茶な捜査が、ある種微笑ましく描かれています。(ただ、この時代の捜査が、こんな適当な方法であったことは、とても恐ろしい気がします)
しかし、ソウルから来たエリート警察官の論理的な推理、行動や言動が少しずつ加わり、それぞれの役柄が変わり始めていきます。
 
さらに、見終わって気がついたのですが、(もちろん、犯人が捕まっていないので)犯人の登場場面は映像としては無いのですが、犯人の目線から被害者の女性が襲われるシーンがあります。その一瞬、すべての視聴者が犯人になります。その一瞬が、この映画の隠し味になっているのではないかと思います。もし、このシーンがないと、たぶん、ラストシーンのソン・ガンホの表情を、彼の目線で見るか、単なる視聴者として見るか、大きく分かれるのではないかと思います。
 
ちょっとネタバレですが、容疑者が暗いトンネルの中へ消えていくのは、まさに犯人が捕まらずにやみの中に消えていくのを象徴しているように思われました。
 
日本人以上に、この映画の題材となった事件について知っている韓国人の人達が、2003年の映画の中で一番の観客動員を集めたことに納得しました。
 
内容が内容だけに重い映画ですが、何度も見るでしょう。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s