ブログ

ちょっと、お休みしてしまった。特に理由は無いが、気になる記事が無かったのと言う事が正しい。
 
気が付くと、いろいろな人のブログを見る事がとても多くなった。ブログなどが一般的になる前は、記事の信憑性などを指摘する意見があったが、結局、ニュースであってもその記事を信じるかどうかというよりも、その記事を基点に他の情報をインターネットから探し出すと言う事が自然と当たり前になってきた結果である。
 
以前は、情報集約型、中央集権型をイメージした Yahoo のようなポータルサイトが重要であった。そこに集まる記事や情報に価値を見出していた。しかし、最近は、ここがブログを立ち上げる分散型が多くなってきた。ただ、どちらにせよ、既存の情報を経由して先の情報を見つけ出すには検索ツールが必要である。そのような意味では、やはり、Google の存在、検索の存在は、新しいインターネットの時代には不可欠なものだったであろう。
 
ちなみに、US では Google が検索サイトでダントツのトップであるが、日本ではまだ Yahoo が上位である事をガードナー?か何かで見た。ちなみに、MSN は3位だったかな。
 
ただ、一概に Yahoo のような形態が古いと言うわけでも無いと思う。というのは、Yahoo
主体のユーザと Google 主体のユーザの両方がいるわけで(むろん、その両方も存在)、それらのユーザそれぞれに合った広告があるし、広告の出し方がある。そうなると、ニッチな企業以外は、一般的に広告を出す企業としては一概にどちらかに決める必要がなく、それぞれのサイトに広告を掲載するメリットが存在すると言う事になる。
 
と書いているうちに、良い例が見つかった。MSN と Windows Live である。
 
MSN は、ポータルサイトとして広く一般的な広告が出される。Windows Live は、ユーザがカスタマイズしたガジェットやデザインに応じて、特定の広告が出される。現状、Live のカスタマイズ性をみると、同じようなスキルや背景のユーザではないと思われ、それ応じて興味となるものも変わるので、何とかすみわけができるのではないかと思う。
 
さらに、商業的に言えば、MSN は広告料で結構な利益を上げているので、マイクロソフトとしても簡単には止めないだろうということは想像がつく。
 
と、このような事を書きながら、私のブログは MSN の検索で見つからない事がとても悔しいとまた思ってしまった。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s